ENTERTAI-NOTE

【ドラマ】『ザンビ』十話(最終話)のあらすじ、ネタバレ感想!クライマックス!聖(与田祐希)の役回りに感動!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ちゃんなべ

乃木坂46齋藤飛鳥ちゃん主演!

 

 

7日間で私たちはこの世界からいなくなった」

 

https://twitter.com/zambi_project/status/1108405182096797696



『ザンビ』第九話あらすじ(ネタバレ含)

 

九話感想はこちら

 

 

山室楓(斎藤飛鳥)は負傷した諸積実乃梨(堀未央奈)を連れて空き教室に逃げ込んだ。

 

 

『・・なんで怪我したこと言わなかったの?』

 

 

『・・楓に迷惑かけたくなかった。』

 

 

『迷惑かけたらいいじゃん。』

『だって、友達でしょ?』

 

 

『楓が初めて。友達って言ってくれたの。友達なんて・・ずっといないと思ってた』

『楓が羨ましかった。いつもクールで、1人でいても寂しい素振りなんてぜんぜん・・・』

 

 

『私は実乃梨みたいになりたかった。いつも皆んなのことを想って努力して、苦労して・・だから、友達になれてよかった。』

 

 

『楓・・・』

 

 

 

 

ピーーー

 

 

 

 

 

 

校内放送で穏やかなバラード調の曲が流れはじめた。

 

 

その曲は以前楓が甲斐聖(与田祐希)に学校の屋上で一緒に聴いたスピッツの『楓』だった。

 

 

『聖だ・・生きてるんだ・・』

 

 

『行ってあげて』

 

 

『でも』

 

 

『私は大丈夫だから』

『聖と2人で迎えにくるの、待ってる』

 

 

 

楓が意を決したように立ち上がってゆっくり歩き始める。

 

 

 

『楓!』

『絶対、戻ってくるよね?』

 

 

楓は今にも泣きそうな顔で静かに頷いた。

 

 

『ならいい。いってらっしゃい』

 

 

『いってきます』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校内の生徒は楓たちを残して全員ザンビに成り果てている。

 

 

楓がザンビたちから必死で逃げまどいながら放送室まで辿り着く頃には、外は明るくなっていた。

 

 

ドアを開けて中に入ると聖が気を失って倒れている。

 

 

 

『聖!しっかりして!聖!!』

 

 

『・・楓?』

 

 

『会いたかった・・』

 

 

『私も・・』

『この曲、覚えててくれたんだね。来てくれるって信じてた・・』

 

 

『ここから出よう。全部終わりにしよう。』

 

 

 

楓は聖に肩を貸して一緒に歩き出そうとする。

 

 

だがそのとき、放送室内のガラス窓に映し出された自分達の姿が目に入り絶句した。

 

 

 

聖の顔の左半分が歪んで写っていた。

 

 

 

 

『嘘だ・・そんな。なんでなの・・・』

 

 

『楓・・。楓もこっちにおいでよ』

 

 

 

 

楓は一瞬答えをためらい、悲しそうに首を横に振った。

 

 

 

 

 

『・・・初めてできた友達だと思ってたのに・・』

 

 

 

 

聖がザンビの姿へと変わり、楓に襲いかかってきた。

 

 

 

 

『もうやめて・・・』

 

 

 

 

楓は泣きながら放送室から飛び出したが、次々と現れるザンビに行く手を阻まれてしまう。

 

 

 

立ち止まり深呼吸の後、ザンビたちに聞こえるように楓は可能な限りの大声で叫んだ。

 

 

 

 

『ついてこい!!』

 

 

 

『こっちだ!!』

 

 

 

『あああああ!』

 

 

 

 

校内中のザンビを誘い出して、自分は調理室へと向かった。ザンビたちは楓の背後から続々と押し寄せてくる。

 

 

楓は調理室内のガスの元栓を全て開けてワザと目立つように部屋の真ん中でザンビ達を待ち構えた。

 

 

次々と侵入してくるザンビ達。楓はライターを取り出す。

 

 

ガスの充満した教室内で火をつけたら楓自身も助からない。

そのことは彼女も承知していたが不意に姿を見せた親友の亜須未(秋元真夏)が神人になっていたのに楓は気を取られてしまった。

 

 

 

 

その一瞬の隙に亜須未が楓に襲い掛かり、ライターを床に落とされてしまう。

 

 

絶え間なく襲い掛かるザンビ達を何とか凌いでいくも、最後は亜須未に床に押さえつけられて絶体絶命となった楓。

 

もうダメかと諦めかけたそのとき、

 

 

 

 

 

 

 

 

カーーンカーーン

 

 

 

 

 

 

教会の鐘の音が聞こえた。

それを聞いたザンビ達は楓から離れて窓のほうへと向かっていく。

 

 

 

鐘を鳴らしたのは満身創痍になった実乃梨だった。

 

 

 

 

 

 

『みんな、さよなら』

 

 

 

 

 

 

 

楓はライターを拾い上げ、火をつけて放り投げた。

 

 

 

 

 

ガス爆発で教室の窓は飛び散り、ザンビ達は炎の渦に包まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教会の床に実乃梨がへたり込んでいると、ドアが開いて誰かが入ってきた。

 

 

 

『楓・・・』

『無事だったんだね。よかった・・・』

 

 

『終わったよ』

 

 

『聖は?』

 

 

 

 

・・・

 

 

 

『・・聖が。聖が守ってくれたの』

 

 

 

 

ザンビになった聖が小さな体を張って炎から楓を守ってくれてたのだった。

 

 

 

 

 

 

ヘリコプターが数台学園の周囲を飛行しているのが音で分かった。

 

おそらく救助のヘリだろう。

 

 

楓はボロボロになった実乃梨を支えた。

 

 

 

『屋上へ行こう』

 

 

 

 

二人は屋上にたどり着いた。

 

不意に楓に支えられていた実乃梨の体から力が抜け、床に崩れ落ちる。

 

 

『実乃梨!?』

 

『近づいちゃダメ!』

 

 

 

実乃梨から髪の毛の束が抜け落ちた。

 

 

『え・・?』

 

顔を上げた実乃梨。その目は赤く染まっており、頬には青い筋が浮かび上がっている。

 

 

『殺して』

 

 

実乃梨はザンビになりかけながらも辛うじて正気を保っている。

 

 

『無理だよ・・』

 

『殺して!!』

 

『楓のこと襲っちゃうよ。だから早く!』

 

 

『無理だって・・』

 

 

『さっき言ったよね。私のこと友達だって』

『友達なら殺して!お願い!お願い・・・』

 

 

楓の手には、実乃梨から受け取ったナイフが握られている。

 

 

 

涙を頬につたえながら振り下ろした楓のナイフは空を切った。

 

 

『やっぱり・・。できないよ・・・・』

 

 

楓が泣きながらその場にうずくまる。

 

 

実乃梨が立ちあがる。楓が顔を上げると、実乃梨は屋上の塀の縁の上に立っている。

 

 

 

『ダメ!』

 

 

『楓に会えてよかった。』

 

 

実乃梨が微笑む。

 

 

 

『実乃梨!行かないで!!!』

 

 

 

楓は走って実乃梨に駆け寄ろうとしたが、それよりも早く実乃梨は穏やかな笑顔で自らの体を落下させた。

 

 

 

 

 

『あああああああああ!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶望した楓はナイフで自らの喉を指して死のうとするが、

飛行しているヘリの台数がやけに多いこと、ヘリが学園の屋上でなく別の場所に向かっていることに気付いて思いとどまる。

 

 

 

屋上の塀の外を見まわすと、街中の至る所から煙が上がっている。

 

 

何台ものヘリが街に爆撃を落としていた。

 

 

 

ザンビの惨劇はもはや学園内だけに留まらず、外の世界にも平和な場所がないことをその光景は示唆していた。

 

 

 

最終話感想




 

なんとも救われない終わり方でしたね。

 

聖(与田祐希)がザンビになっているのはありそうだなと思っていましたが、実乃梨(堀未央奈)はあんなに頑張ってたのに報われなすぎる・・。

 

最初のシーンで実乃梨が楓(齋藤飛鳥)を送り出すシーンは実乃梨に感情移入すると泣けてきます。寂しくて怖かったろうに・・。

 

 

 

ビジュアルコメンタリーでも少し話題にあがっていましたが、このあと一人残された楓はどうなってしまったのでしょうか。

 

 

 

これで終わりなの!?という最後ではありましたが

 

ドラマの終わりがスマホゲームの乙女神楽に続いていくという伏線とも噂されています。

 

 

クライマックスに近づくにつれて楓、実乃梨、聖の三人の友情が感動的に描かれていて個人的には非常に楽しめました。

 

 

見逃してしまった方はHulu!

 




見逃してしまった、放送されていない地域にお住まいの方、

見直したいという方はHuluで配信されていますのでそちらで視聴可能です。(Huluでは現在1話~10話配信中!)

 

また、Hulu限定で第1話ごとに乃木坂46のメンバーが本編を見ながらトークする

「ビジュアルコメンタリー」という番組も配信されていて非常に面白いので、是非そちらもご覧ください!

 

最終話は秋元真夏、齋藤飛鳥、堀未央奈、与田祐希の4人です!

https://twitter.com/hulu_japan/status/1110859008410349569

 

 

Huluでは、月額933円払うと『ザンビ』、『ザンビ・ビジュアルコメンタリー』の他にも50000作品にのぼる配信対象作品を視聴することができます。

 

アニメ、映画、ドラマ、海外ドラマなどをPC以外でもスマホ・タブレットで高画質で視聴可能です!

 

今なら2週間の間無料で視聴することができます!

また、解約も複雑な手順はないので安心して利用できます。

 

登録はこちらから↓↓





この記事を書いている人 - WRITER -
ちゃんなべ

Copyright© ENTERTAI-NOTE , 2019 All Rights Reserved.